看護師30歳の年収

看護師の仕事は同年代の女性と比較すると、年収が高いと言われています。看護師の過去10年間の平均年収 で見てみると、看護師の平均年収は約400万円です。月収にすると約33万円ですが、これには基本給の他に夜勤手当や残業手当なども含まれた金額です。

他の職業の平均年収が200〜350万円前後ですから、看護師の平均年収はかなり恵まれていると言ってもいいでしょう。ただ看護師から言わせると夜勤や残業だけでなく、患者さんの命を預かるストレスが多い仕事でこれでも安いぐらいというのが本音でしょう。

では看護学校や看護系の大学などを卒業して入職し、30歳になった看護師の平均年収はどれぐらいなのでしょうか?厚生労働省が毎年発表している統計データによると、30歳から34歳の女性看護師の平均年収はおよそ460万円です。これからすると平均月収は約32万円で、ボーナスは約80万円になります。

厚生労働省のデータから推測すると30歳になった看護師の平均年収は、約400万円ですから看護師全体の平均年収とほぼ同じと考えていいでしょう。ただこれはあくまで平均年収であって、勤務する病院によってもずいぶんと開きがります。

同じ病院でも公国立病院と、民間の病院でも異なってきます。民間の病院でも東京など首都圏の病院と、地方の病院でも年収は違ってきます。さらに総合病院などの大きな病院と、個人病院やクリニックや診療所とでも年収は違ってきます。

ただ30歳での年収の違いは、まだそんなには大きくありません。年収にばらつきが出始めるのは30歳以降で、何を選択し何を目指すかで大きく年収が異なってきます。たとえば30代で看護のエキスパートを目指して、専門看護師や認定看護師の資格を取得する方もいるでしょう。

30代で看護師としてキャリアを積み地道に努力を続ける場合と、そうでない場合では40代で年収に大きな差がでるでしょう。何を選択しても何を目指しても、結果が出るまでには時間が掛かるものです。30歳までは看護師の仕事に慣れ、看護師の仕事がどんなものかを学ぶ期間です。

そして30代は自分が進む道を見つけ、それに向かって頑張る年代です。30歳での年収の違いはなくても、看護師も30〜40代では年収に大きな差があります。転職もただたんに年収アップだけで転職先を判断するのではなく、自分自身のキャリアアップができる転職先を考える必要があるのではないでしょうか。

老人ホームの看護師求人探しなら eナース公式サイトはここ

Copyright (C) 2007-2013 看護師30歳の年収. All Rights Reserved.